外壁塗装なら町田市のゼンリフォーム

外壁塗装なら町田市のゼンリフォーム

外壁塗装を行うのに最適な時期やタイミングを解説

22 views

外壁塗装を行うタイミングは10年ごとが目安

外壁塗装ではどのような塗料を使っているのかによって行うタイミングは変わりますが、一般的には最初に塗装を行ってから約10年後が再び外壁塗装を行うタイミングとして最適だと考えられています。

10年が目安に外壁塗装を行うことが最適だと言える理由は主に2つあります。

1つ目の理由は建物の外壁が持っている耐久性や防水性の機能が低下するからです。

塗料の種類にもよりますが、日本の建物のほとんどで使われている窯業系サイディングでは約5年から7年ほどで防水性が切れてしまいます。

そして防水性が切れてしまうと外壁そのものが劣化してしまい、最終的には建物の耐久性の低下などにもつながってしまいます。

それを避けて安全性を維持するためにも10年ごとに外壁塗装するのが良いと考えられているのです。

そしてもう1つの理由は外観においても劣化が目立つようになるからです。

先程解説したように殆どの外壁では5年から7年で防水性を失います。

そうすると耐久性のみならず、汚れやひび割れなどの外見上の劣化も起こりやすくなってしまうのです。

その外見上の劣化をなくし、見た目の良さを向上させるタイミングとしてもやはり10年が1つの良いタイミングなのです。

ただし、外見の状態を気にしないという場合やメンテナンスをよく行っている場合などには10年以上持たせることもできますので、あくまで10年は目安として考えておくと良いでしょう。

外壁塗装を行うのに最適な時期は春か秋

1年の内に外壁塗装工事を行うのに最適な時期については、一般的に春か秋とされています。

まず春が良いと言える理由については気温や湿度などが比較的安定している季節のため、塗料が乾きやすかったり、またスケジュールが大きく乱れることもないためリフォーム業者と依頼主の両方にとって良いメリットがあるからです。

秋も春と同様に気温が安定し、また雨などもあまり振らない安定した気候であるため外壁塗装工事には向いている時期だと言われているのです。

一方で夏は気温が高いため短期間で塗装が乾きやすいメリットがあるものの雨や台風などによって悪影響を受けやすく、冬については気温が低く塗料が乾きづらく、また寒さによって職人が作業をしにくいというデメリットがあります。

このような理由があるため外壁塗装は春か秋が向いていると言えるのです。

ちなみにゼンリフォームというリフォーム業者は外壁塗装を専門としているため、春や秋にはもちろんのこと、どうしても夏や冬にしかリフォームが出来ない場合にも一度相談してみてください。

私たちが施工致します!

無料診断、お見積り実施中です!
外壁や屋根の塗り替えならZENリフォームまでお問い合わせ下さい!

042-708-8882

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)