外壁塗装なら町田市のゼンリフォーム

外壁塗装なら町田市のゼンリフォーム

外壁塗装が剥がれてしまう原因について徹底解説

233 views

 

外壁塗装の剥がれの原因1.外壁の素材が濡れていた

外壁塗装が剥がれてしまう1つ目の原因は塗装する際に外壁の素材が濡れていて乾ききっていなかったことが挙げられます。

外壁塗装に使う塗料というのは湿式工法と呼ばれる方法で塗装されるのですが、この方法では塗料を塗る外壁の素材が濡れていて乾いていないと塗料を塗ってもしっかりと壁に密着しないのです。

その結果としてしばらくしてしまうと外壁塗装の剥がれにつながってしまいます。

悪徳業者の場合、そのような知識がなかったりあえて乾かすような手間を省いてしまっていることがあるためこのような剥がれが起きてしまうような施行をすることがあるので注意が必要です。

外壁塗装の剥がれの原因2.下地の処理が不足

外壁塗装を行う際、しっかりと塗装を密着させるためには下地の処理は非常に重要です。

具体的には塗装を塗り換える前の塗料を十分に剥がすためのケレン作業や下地のサビの撤去、また塗料を十分に付着させるために行う目荒らしという作業などを行う必要があります。

しかし、先ほどのように悪徳業者や技術が不足しているような業者の場合、この下地の処理が不十分であるケースがあり、それが結果として、外壁塗装の剥がれにつながってしまうことがあるのです。

外壁塗装の剥がれの原因3.下塗りの不足

通常外壁塗装を行う際には、下塗りと中塗り、そして上塗りの3度塗りが基本です。

このうち中塗りと上塗りは外壁塗装を行った後の外見がより美しく見えるようにするためのもので、最初に行う下塗りの作業は中塗りと上塗りで塗る塗料と外壁の素材を強く結びつけるためのものなのです。

つまりこの下塗りという作業が十分に行われていなかったりすると綺麗に塗料を塗ったとしても直ぐに剥がれてしまいます。

これもまた他の原因と同じようによく悪徳業者が行う施工で当てはまる原因なので注意が必要です。

ここまで解説してきたように外壁塗装の剥がれというのは塗装を行う業者側に原因があることが多いのです。

そのため外壁塗装の剥がれを防ぎ、なるべく長い期間塗装を持たせるためには上記のようなことを行わない優良なリフォーム業者を選ぶ必要があります。

東京町田エリアでは外壁塗装を専門にしており、豊富な実績とそこから得られた高い技術力を持つリフォーム業者の1つにゼンリフォームがあります。

現在町田周辺で外壁塗装ご検討中の方はぜひ一度ゼンリフォームのこともチェックしてみてください。

私たちが施工致します!

無料診断、お見積り実施中です!
外壁や屋根の塗り替えならZENリフォームまでお問い合わせ下さい!

042-708-8882

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)